読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅投資戦略研究室

自宅マンション投資で資産形成をいかにうまくやるかを研究するブログ

フリーランスでも同じ職種ならキャリアアップとして住宅ローン審査は通るよ

住宅ローン

フリーランスでも確定申告1年以上+前職の源泉徴収で住宅ローンは通せる

フリーランスの人は住宅ローン借りれないと思ってる人多いですよね?

でも、そんなことはありません!

 

よく言われているのは、フリーランスになって確定申告3年分は必須だよという嘘

 

本当にマストで必要なのは、確定申告1年分+前職の源泉徴収2年分です。この時に職種が変わっていると金融機関にはちょっと嫌がられます。僕の場合はエンジニア6年目で、新卒から一貫してエンジニアだし年収も徐々に上がっていたので住宅ローンも難なく通すことができました。

 

同じ職種であればキャリアアップと見てくれる

メガバンク、地方銀行、ネットバンクに事前ローン審査をお願いして担当者の人と話した所、結局人間が審査OKかNGか判断するので、職種がコロコロ変わってる人はあまり信用できないし、それこそずっとエンジニアやってる人はキャリアアップで転職してるわけだしOKになりやすいとのこと。

 

2016年は一時マイナス金利になったこともあり、銀行の収益源として住宅ローンは大きな柱になっています。国債比率が高かった信託銀行や地銀・信用金庫などは住宅ローンを貸したいマインドにあることも重要な視点です。

 

しかし、メガバンクは借りれる額が下がる!

まぁ当然と言えば当然なのですが、フリーランスは会社に守られてないのでリスクは高いと判断されます。リスクが高いのだからいっぱい貸したくないし、メガバンクだと他に事業の柱がいっぱいあるのでそんなに貸してはくれません。

 

年商1000万・所得750万くらいに押さえている人は4000万ちょっとしか貸してくれません。会社員なら年収600万くらいで4000万借りれるから世知辛いっ!

 

信用金庫は結構貸してくれる

一方で信用金庫なんかは中小企業のハイイールド債ばっかりに貸し出すのはリスクが高すぎるので、ずっと国債で運用してきました。そこにマイナス金利という敵が突如出現して、逃げた先が住宅ローンなので貸したいマインドはかなり高めです。

 

年商1000万・所得750万くらいでも5500万〜6000万くらいまで借りれます。

メガバンクと違ってかなり攻めた金額が聞けます。

ただし、所得が700万〜750万以上は必要です。この辺りから返済負担率の上限が上がるため、大きな金額が借りれるようになるためです。

 

頭金は多めに積んで借りやすくできる

とはいえ信用力や人格を評価していただくために証拠となるものが必要です。一番手っ取り早いのは頭金1割でちゃんと返済能力があることをアピールしましょう。6000万の物件だと600万ですがそれくらいはためれないとマズいですね。

 

フラット35もおすすめ

さらに審査が甘いのがフラット35です。保証会社の信用情報に傷がある人はフラット35しか契約できないかもしれないですね・・・。

 

まとめ

以下の条件を満たしていればフリーランスでも住宅ローン審査が通ります

  • 確定申告1年以上+前職の源泉徴収2年が最低条件
  • 職種が変わっておらずキャリアアップしていること