読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅投資戦略研究室

自宅マンション投資で資産形成をいかにうまくやるかを研究するブログ

20代女子が家を買う「プリンセスメゾン」の自宅投資戦略は儲かるのか?

26歳女性・年収260万で家を買う設定

年収300万あれば2000万弱の借り入れができるので、家を買えなくもないしワンルームマンションを賃貸で借りるくらいなら、低金利だしワンルームマンション投資で自分が住んでしまう自宅投資は意外にもメリットがありそうな気がする。

 

2000万を金利0.7%で借り入れ、元利均等方式で35年のケース

=月々の返済5.3万円

 

賃貸で借りるよりもお得!

あとは売却か賃貸にした時のリスクがどれくらいとれるかが気になるところです。首都圏で交通アクセスが良いワンルームであれば需要は堅いし、ワンルーム規制で供給がかなり絞られているのでリスクは小さそうに思える。

 

自宅投資の考え方はこの記事を参考に 

 

はたらく20代女子も増えている

徐々に女性の就業率は増えているし、六本木一丁目駅なんかだとバリキャリ系の女性がすごい目立つようになりました。大企業でマネジャーとして活躍する女性も普通になってきて、首都圏だと年収600万〜800万の女性も相当な量ではないでしょうか?

f:id:kitahashi-ryoichi:20161112142111p:plain

http://www.gender.go.jp/kaigi/senmon/kihon/kihon_eikyou/kaisai/13/pdf/sanko_1.pdf

 

出費の大部分を占める住宅費を賃貸=フローから、持ち家=ストックに切り替えようという機運は住宅ローン金利の切り下げとともに増えていると感じています。だからこそ、プリンセスメゾンがドラマ化されたり、家売る女というドラマもそれなりの視聴率が取れたのではないでしょうか?オトクな投資かもしれません。

 

はたらく女子はワンルームマンションを買いやすい

基本的に住宅購入のタイミングは3つで、結婚・出産・子の独立になります。男性から見ると結婚するまでは賃貸でいいや、「だって今買ったら面倒くさい」となります。しかし、女性から見ると結婚したら「男性が買ってくれる」から今ワンルームマンションを買って、結婚したら賃貸に回せばいいじゃんとなります。そんな結婚感の違いからはたらく女性の方が家を買いやすいのではないでしょうか。

 

首都圏のワンルームマンション価格は2500万〜3500万なので、年収350万〜500万の一馬力でも十分ターゲットになりえます。自宅投資家としては女性向けのワンルームを視野に入れて独身の時から自宅投資対象にしても良いかもしれません。ただ、金利が1%を超えるといっきに想定顧客がいなくなるので注意が必要です。

 

まぁその時は賃貸に出して元を取れるので、注意するほどでもありませんが・・・。首都圏の単身者も増加傾向だし追い風ですね。

 

 

これからは中途半端なマンションを買うべきではない

買うべき間取りはワンルーム・2LDKで、1LDKは買ってはいけない。今後の家族構成で増えるのは、1人世帯と夫婦+子の3人世帯なので、1LDKの中途半端な間取りと3LDKのオーバースペックは自宅投資家として買ってはいけない部類だと思います。

 

f:id:kitahashi-ryoichi:20131121194641j:plain

住友不動産なんかは2LDKの間取りで、可動式間仕切り扉を使うことで2LDKと1LDKで広々としたリビングの両方を売っています。つまり、子供が生まれるまでは夫婦二人が広いリビングを使えて、子供が生まれれば間仕切りでベッドルームにできるようになっています。こういう間取りは増えているので、1LDKにしかならない部屋はカップルをターゲットにできないのでオススメできません。また、3LDKの部屋は車の所有率が上がるので都心の好立地ではなく、ある程度郊外にしか成立しないので投資には不向きです。実際自分に子供が2人いる状態であれば、同じ世帯をターゲットにして買うなどは良いかもしれませんが。

 

家を買う主流になるのは、今も将来もカップル(ファミリー)なのは間違いないので、自宅投資家としては3人世帯を想定して購入するマンションを精査していかないといけません。

 

まとめ

20代で上場企業の正社員で、バリバリ働く気があればワンルームマンションを自宅投資してしまうのはありですね!女子でも男子でも固定金利1%の今だったらほぼノーリスクでお得ではないでしょうか。

 

最近は女性向けのセミナーも結構人気みたいですね