自宅投資戦略研究室

自宅マンション投資で資産形成をいかにうまくやるかを研究するブログ

アローズリアルエステートで自宅マンションを売却してみた

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kitahashi-ryoichi/20161016/20161016125626.gif

アローズリアルエステートで自宅マンションを売却しました

空中族にお馴染み、仲介手数料0円のキャッチフレーズのアローズリアルエステートさんで有明のタワマンを売却しました。ネット上での評判や口コミは三流だとか、レインズに登録しないから結局売り主にメリットはないとか散々な口コミでしたが、実際は仕事が早くて丁寧でした。

 

ぼくの売却の流れとしては、一括査定で一番最初に連絡してきた大成有楽不動産と専任媒介契約をし、全然成果を出さないので途中で売却を取りやめました。その後、仲介手数料無料のアローズリアルエステートにお願いし、安くなる仲介手数料分を値引きした形で売りに出したら1週間で売れてHappyという流れです。

 

一括査定してみた時の記事

 

最初は一括査定やイエシルで相場を調べて、普通の不動産仲介業者に頼んでみてもいいかもしれません。査定金額はかなり強気で、全然売れないと思うので値下げすることになると思います。

 

アローズリアルエステートが強い理由

  1. 売り主の仲介手数料を0円にすることで物件の価格競争力が高い
  2. レインズ(不動産流通情報システム)に登録せずに独占的な販売をすること
  3. 購入意欲の高い人はsuumo見て探すのでレインズに登録しなくても痛くない

湾岸エリアや都市部のタワマンなど人気の高い物件だけに絞って流通させているため、かなり効率的に販売数を伸ばすことができているようです。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kitahashi-ryoichi/20161016/20161016125624.gif

売却仲介手数料無料の株式会社アローズリアルエステート 会社概要

 

具体的に4000万の物件だと仲介手数料が0円のアローズと、通常の3%+6万を取る不動産仲介だと126万の価格差が生まれます。(※実際は仲介手数料0円で、成功報酬20万円なので106万円の価格差)

 

ボーダーラインの価格帯だと見栄えも結構変わってきます。

1LDK 51㎡ 4100万

1LDK 51㎡ 3990万

 

ただ仲介手数料0円にするだけだとアローズは儲からないので、レインズに登録せず独占的に販売しているというのが唯一のデメリットでしょうか。しかし、どの不動産仲介もsuumoに広告を出すので、一般消費者にとっては何のデメリットもない気がしますが・・・。

 

アローズリアルエステートが叩かれる理由

レインズに登録せずに独占的に販売するのと、他社が真似できない価格で販売することで他の不動産仲介業者からのヘイトを集めている影響で叩かれているのではないでしょうか。

 

一括査定時の各社の提示した販売価格

ピタットハウス 4800万円

三井住友不動産販売 4400万円

大成有楽不動産販売 4300万円

 

結局大成有楽不動産販売で4300万スタートで販売し、「反応よくないので100万くらい下げましょう」とか、2ヶ月もしないうちに「4000万円以上だと検索条件に引っかからないので3990万円とかにならないでしょうか・・・?」みたいなクソアホな値下げしましょうよ攻撃がきました。なんでそんな価格でしか売れない不動産仲介に126万もの大金を払わないといけないのか意味不明で気分が悪いので途中で販売を取りやめました。

 

→アローズリアルエステートに頼んで1週間で即完売

 

仕事はやい、対応も丁寧だし、内覧があればちゃんとその日のうちに連絡してくるし一番まともでした。逆に言うと大成有楽不動産販売は当日中に内覧の結果を報告しないし、まるで役に立ちませんでした。

 

決済日までの対応

特に問題なく、決済日もスムーズに事がはこびました。自宅を売却する際に少しでも手数料を安くしたい場合はアローズリアル・エステートを使ってみるのが良いかもしれませんね。

 

というわけでマンション売却も終わって一息付けました。ちゃんちゃん。